« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

第二印象

3.第二印象



「できたぁ~!!」


なんとか完成させた4つの原稿。文は短いけれど、まぁなんとかなるだろう。

出来上がってすぐに美和子と那緒には渡した。あとは楓に渡せば一安心だ。





待ち合わせた部室で落ち合うと仕上がった原稿を手渡す。



「はい、これでどう?文、変なとこあるだろうから直しといてね」


「ありがと~w」


「笠原さん。佐倉さん。それ、原稿?」


「あ、はい…」


「そうですけど…」



パソコンに向かっていた加納先輩が急に話しかけてきた。楓と二人して振り返ると、先輩が近づいてきた。



「実は、原稿をパソコンに打ち込まないといけないんだよね」


「あぅ…!?」


「マジですか!?」



私たちの慌てぶりをみて、先輩は苦笑した。



「あ、俺やるから大丈夫だよ。うん、お疲れ」





心の中で安堵の息をつき、私たちは先輩にお礼を言った。



「え~と…他の子にも伝えた方がいいですよね?」


「そうだねぇ~。まぁ、持ってきてくれれば俺が打ちますよ。あ、和田くんはいいから。もう打ったやつ貰ったんで」


「へぇ~早いですね。…どんなかんじなんですか?」


「私も見てみたい♪」


「ん~いいよ。これ」











それは、ちょっとした好奇心。




「彼」がどんな人なのか。

拒絶と裏合わせにある「気まぐれな気持ち」が疼きだす…







一枚の紙を受け取り、楓とまじまじと覗き込む…。

「うまくない?」


「本当。一番うまいかも」





まだ見ぬもう一人の原稿を除けば、原稿を書いたのは全部私。その私が言うのだから間違いない。

当時の私には欠片もなかった「論理的展開」を彼は既に持っていた。





悔しい…そして、四人分書いた自分が情けなく思えた。

“コイツ…できる!”






悔しさは、益々彼への興味をかきたてていった。




第二印象…デキる文系少年(笑)










学生ブログランキング  人気blogランキング

| | コメント (1) | トラックバック (0)

喧嘩をしました。

見ず知らずの人に自分がけなされたことを知ったゆう。

まぁ、ゆうのあだ名自体が悪口みたいなもんだったんだろうけど。
やっぱ仲間内だから許せるものもあるわけで。



知らない人に同じノリで言われても気分いいわけがない。







ってことをトモくんに愚痴りました。




「気にするな」




そういってくれました。









・・・そう簡単に割り切れるか!!!









気にするなって言われて気にしないで済むなら連絡なんてとらねーよ!!
(文化祭の連絡とかあったけど)




なんか、むしゃくしゃしてたので八つ当たり。









ゆうの悪いとこですね・・・。


育った環境が環境なんで、討論は他の人より多分強い・・・。

感情を逆撫でしたり、重箱の隅をつつくようなミスの指摘なんて大得意。




逃げ道を与えない論理展開でかなり追い詰めてしまいました。

電話もしたんですが、なにせお風呂の中でして・・・。



黙ってばっかだったし早々に切ってしまいました。








あ~あ・・・やっちゃった↓↓









まだ仲直りしていません。

これから電話でもして、謝るかな。今回の原因は取り除けそうだし。




勇気をください!!






学生ブログランキング  人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文化祭w

もうすぐ高校の文化祭!

二日間あるので、一日は高校のメンバーと、もう一日は大学のメンバーと行こうと思ってます。





でも、高校メンバーはトモくんと2人になりそうな予感・・・。

多分、それじゃぁダメだろうな。親になんて言われるか(苦笑)




だから、他に人がいなかったらあきらめようと思ってます。

ホントは2人でも行きたいんだけどね。でも、やっぱ別れてるわけだし。



ケジメってやつ。



一緒に行きたいって言うのは簡単。

でも、それに耐えるのも愛なんだvvって自己満ですww









学生ブログランキング  人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その言葉を抱きしめて

いろんなブログを巡ったり
いろんな小説を読ませていただいていると

妙に自分が悲しくなります。












いや、別に不幸感じてるわけでもないのだけど…










なぁんか物足りなくて、やっぱり寂しくなっちゃうんだよね。


そして、その反動はトモくんに行っちゃうのさ。














付き合ってたときとなんら変わらない。

あえて言うなら、ゆうが前より素直になれたのかもね。














「言葉」を求めれば、トモくんは不器用ながら最大限の愛を囁いてくれる。

でもね、それじゃあ足りないの。









会わない時間が愛を育むっていうけれど、本当であり嘘でもある。

愛が育つんじゃなくて、寂しさばかりが募る。








それを、伝えられたとき・・・互いが分かり合えて初めて愛が生まれるんだ。









「足りない×3」とメールすると、電話が鳴って。



二階へ行って電話をとると「愛してる」の一言だけ。

次には「バイバイ」って切られちゃった。






携帯料金に余裕があることを確認し(冷静だw)

電話をかけなおすと電話が来ると信じてたなんて自信ありげな声。








思い通りになったのは悔しいけど、やっぱり足りなくて・・・呟いた。


「もっとぉ・・・」

いい?たくさんの愛の言葉よりも、大切な一言だけを抱きしめて寝なさい」





そうは言っても、やっぱり足りないので我侭を言ってみたり。




でも、ちゃんとわかってるよ。









「愛してる」


その言葉を抱きしめて、しばらくは眠りにつこうと思った。






学生ブログランキング  人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (1)

恋愛依存度。

恋愛依存度チェックというのをやってみました。




別れてからやるってのも微妙だけど(笑)

でも、面白そうだからやってみたww

恋愛依存度 65%

●傾向と対策●

この自立度が高ければ高いほど、あなたが恋の主導権を握っているように感じるでしょう。そして、そう感じれば感じるほど、楽だったり、楽すぎて退屈してしまったりして、「そろそろ、あいつとケリつけて、別の男でも捜そうかな」なんて思うかもしれませんし、そんな自分を満足させるような男性はいないのではないかと感じるかもしれません。それゆえ「恋愛って重要?しなきゃいけないもの?男なんていらないわ」なんて感覚に陥ってしまうかもしれません。

もちろん、彼は自分のものという感じが強くなりますから、自分の思い通りにコントロールしたくなります。彼をしばらく放っておいたとしても何とも思わなかったり、浮気の一つや二つくらいは平気でやってしまうかもしれません。彼が自分から離れていくなんて信じられないかもしれないし、そのお陰で仕事や趣味やその他の友人関係の方を大切にしてしまうかもしれません。そして、自分が常に正しい、常識的だ、いい彼女だ、なんて思っているかもしれません。

一方では、自立度が高いほどあなたは彼に自分の弱さを見せられません。常に強い側でいたいからです。彼のことで悩んだり、彼を求めて女々しくなるなどあなたにとっては嫌悪以外の何ものでもなくなるでしょう。でも、実はそんな自分に恐れを感じているかもしれません。

また、もしあなたが恋愛をもっと楽しみたいのに自立度が思った以上に高いとしたら、あなたは潜在的に恋愛への恐れを持っているといえそうです。

つまりは依存をすごく恐れているのです。依存しているときに傷ついて、もう二度とあんな思いをしたくない!というのが自立の正体です。

でも、自立の傾向が強いということは、彼に対して「与えたい気持ち」が強い現われでもあります。彼を満たしたり、喜ばせたり、面倒を見ることに気持ちよさや喜びを感じます。また、自分の楽しみを優先することができるので、良いか悪いかは別にして自分の言いたいことを言いやすい環境にあります。

そんなあなたがもっと恋愛上手になるには、彼に対して今より誠実に、素直になってみることです。方法を考えるのではなく、彼の思いや愛情を素直に受け取ってみることが大事です。そして、何よりもそんな彼に今以上の感謝が必要です。

また、今一度彼との関係をよくするために、感情レベルでの繋がりを求めて、あなたの気持ちに素直になってみるのはどうでしょうか。そして、それをコミュニケーションしてみることです。彼を傷つけることに恐れを感じる必要はありません。きっとあなたが退屈していればいるほど、彼はもう傷ついているからです。

そのコミュニケーションとはあなたが彼には見せられないと思っていることを話すことかもしれません。彼の弱さに辟易しているのであればなおさら。あなたの弱さが彼の強さになるのです。
また、あなたが女性であれば、もっと自分の女性らしさを受け入れることも大切かもしれません。男性と競争したり、彼と競争する必要などありません。あなたが女性らしさを否定している分、実はあなた自身を否定していることになるのです。

それは即ち、彼を信頼し、彼に任せてみることかもしれません。彼に頼りなさを感じているとしても、彼の中の大人の男の部分を見つめてみることです。彼がぐんぐん成長していくことを信頼してみることです。最初は全然見えないかもしれません。でも、そこでは根気のよさが必要です。

因みに自立型の方は、こういう診断結果を見ても「自分とは関係ないや」とか「自分とは関係ない話だ」とか思うものです。

ご用心あれ。


●そんなパターンを変えるには●

自立すればするほど、自分の気持ちが分からなくなり、単調になり、退屈になって面白み、楽しむことができなくなってしまいます。そうすると他に刺激を求めようとするのですが、それに疲れてくるのもまた事実。徐々に恋愛そのものに興味を失っていきます。

そして、冒頭にも書いたように「男なんていらんわ」という気持ちになります。でも、これは多くの場合、単なる「強がり」であって、本当の「強さ」ではありません。

実は自立度が強いということは、過去に依存的な人間関係において、心に大きなキズを負ったことを示してもいるのです。それは過去に辛い経験があったからかもしれないし、あるいは、もっと昔、ご両親との関係で満たされなかったり、寂しい思いをして、そんなものは要らないと甘えや欲求を否定したのかもしれません。
私たちは生まれたときには誰かに依存しなければ生き残れません。自分でミルクを飲むことも、トイレに行くことも、服を着ることもできないのです。でも、それが満たされなかったり、幼いうちから自分でやることを強要されたりすると「もう面倒みてくれんでもええわ」と自分で自分のことをし始めます。これが自立のスタートです。でも、その背景では、ご両親に非常に強い怒りと欲求が隠れています。

そんなあなたにとっては「強がり」や「自立」そのものを一度手放すことが、次のステージへのカギになります。先に書いたように彼を信頼するのも一つ、彼に「私を助けて」と言ってみるのは、とってもいいチャレンジになります。
「そんなこと言っても、あいつは何も出来ないし、頼りないわ」と思うかもしれません。だから、そんなときこそ、彼の中の男らしさの部分を探してあげる必要があるのです。
また、より本格的に取り組まれるのであれば、ご両親との関係において、自分の中に満たされないでいる依存的な子どもの部分を探してみるのも一つの手です。
もし見つからなくても大丈夫。イメージを使ってやることもできます。

その簡単なエクササイズを紹介しましょう。

自分が幼い女の子に戻ったと思ってみてください。
もちろん、感覚的にやっていただければけっこうです。
そして、そのご両親を思い浮かべてください。
ご両親がはっきり浮かんだら、彼らに向かって「甘えてもいい?」とか「もっとかまって欲しい」と伝えて下さい。
実際に言葉に出してみると効果も上がります。

「強がり」を手放し、あなたが本来の強さと楽さを手に入れられるように頑張って見てください。











このエクササイズはちょっと・・・無理!!



でもね、これ当たってると思った。




既にトモくんとは、不満を吐き出し本音で語れる関係だけど、やっぱ最初からじゃなくて。

最初は言いたいことも言えなくて、友達に相談したり自分の中で解決策を見出したりしてた。




いつからだろう??





いつのまにか言いたいことを本音でぶつけられるようになったんだよね。

まずは私が全部吐き出して、トモくんとそれを消化していく。

基本的に私は不安定な人なんで、トモくんは受け止め側。

とにかく聞いてもらう。それが一番てっとりばやいから。


それに気付いたのは、多分喧嘩の回数の多さと長さが原因なのかな?(笑)





とにかく、本音で語れるって大事だと思う。

それが言いたかっただけ(それにしては随分長い・・・)






やりたい方どうぞww

http://www.counselingservice.jp/cgi-bin/MindTest/DepOrIndep/MindTestIN2.cgi






学生ブログランキング  人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (1)

4人分

ある日・・・

偶然集った立候補者4人が部室に行くと、先輩から当たり前のように驚愕の事実を告げられた。



「来週までに立候補者の言葉用意してね~」






2.4人分






冷静になれば、ごく常識的な成り行きなのだが、私たち4人は誰ひとりとして『立候補者の言葉』の存在を考えていなかった。



「あぁ~どうしよう!?」


「めっちゃめんどいし!!もぉ…」


「私に文才を求めないでよ!超理系なんだから」



口々に叫ぶ候補者…もとい友人たちに、先輩は「適当でいいからさぁ」と付け足した。





唖然としたまま、私たちは部室近くにある自分たちの教室に入っていった。

ぴしゃりと扉を閉めると堰を切ったように言葉が飛び交いだした。



「本当に要るの…?」


「どーせ、みんな見てくれないだろうにねぇ」


「信任なんだし、実際必要なくない?」


「確かに。先生とかもかなりいい加減だもんね」


「ってことで…ゆう、任せた☆」



先程から「超理系」と自負する佐倉楓…彼女とは小学校からの仲である。
文系仕事は私、理系仕事は楓というのが常だった。

今回、生徒会に誘った時も「私は会計で数字やるから、文章作成はゆうがやってね♪」と条件付きで承諾を得た。
なので、楓の分は元から書く気で心づもりはしてある。


私は二つ返事でOKした。



「あぁ~じゃあ私のも♪」


「ウチのもウチのもw」


「……マジで?」



同じクラスで立候補した中根美和子と松原那緒。

三人でよくつるんでいて、特に美和子とは入学時から「生徒会をやろう」と約束していた。
それに、いつのまにか那緒ともう一人…が加わり、女子校のような生徒会が出来上がろうとしているのだ。



勿論、彼女たちの分を書かなくてはならない…なんてことはない。



しかし、断るのも気が引ける。







“そういえば…文章作成なら任せろ!!って言っちゃったような…”










つい先日の記憶が蘇り、その時の自分を恨んだ。

任せろ!と言った手前、任せられても仕方ない。



「ん~…じゃあ、テーマは指定して」


「テーマ??」


「うん。“私はこういうことやります”ってやつ。いわゆる公約だよ?楓も何かない?」


「ない!」


「あのねぇ…即答かよ(苦笑)ちょっとは考えなさいよぉ!」




三人とも黙って考え始めた。












「………」













「……………」













「思いつかない…」


「てきとーでいいよぉ~w先輩も言ってたしね♪」


「適当ってねぇ~↓↓」











本当に適当にやるしかない。










選挙まで、あと一週間。

私は、言い知れぬ不安を感じていた。






学生ブログランキング  人気blogランキング

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あぁ~・・・

まぁた随分とほったらかしにしちゃいました・・・(涙)

一応ね、週一更新目指してんの。小説ね。

だから書くのでてんてこまいw



言い訳なんだけどね♪
明日、打ち次第アップします。

ネタは水曜に書いたからww

やっぱり授業中w



ってことで、今日は委員会の仕事を片付けます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々。

小説ばっかもどうかと思って、普通に日記。


でも、みなさん結構見てくれるようで心も体もホクホクww


ってか、むしむししてて暑いですね!






先日、小説の資料が足りないのでトモくんにメールしました。


「ねぇ、告白してから3ヶ月くらいのメール記録残ってる?」
(※トモくんは当ブログの存在を知りません)


「あ・・・消しちゃった」


「ん~・・・じゃぁアレあるでしょ?今度でいいから貸して」


「わかった。」




いとも簡単にネタを手に入れました。

これをどう調理するかはゆう次第なんですがww








因みに、トモくんは、ゆうが小説書いてることは知ってます。
いずれ、世に出すことも知っています。
既にこうやって発表してるって知らないけどw



トモくんの個人情報も載せざるを得ないので本人に確認したんですよ。


「ねね、致し方なしに個人情報流出してもいい?」




もうプロフとかで出す直前!

幸いすぐに返信着たのでよかったですが・・・




うん、よかったよかったww



ってことで、これからバイト&物書きやってきます♪



学生ブログランキング  人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合縁奇縁

第一印象・・・・・・・・・最悪。




そんなところから始まった。


奇妙な二人の、奇妙な関係。











1.合縁奇縁





「笠原さん、笠原さん。この子が副会長立候補の和田智裕君。たしか、まだ会ったことなかったよね?」


「あ、はい・・・」





第58期生徒会。




その選挙が今度の9月に行われる。

今のところ、候補者は6人。その内の4人は既に知っている友人ばかり。




唯一知らない1人が・・・彼だった。





先輩が紹介してくれた和田智裕は、照れているような困っているような微妙な表情をしていた。





「男の子1人だねぇ~、ハーレムじゃん」


「そうだね(笑)」




極力、男子と面識を作りたくない私にとって、この男の存在は邪魔でしかなかった。

しかし、当初は彼の他にもう2人も入ろうとしていたのだから減っただけマシだと思わなければならない。





今後の生徒会を円滑に進める為にも、私は最上級の作り笑いを浮かべた。



「どうして生徒会入ろうと思ったの??」


「俺、中学でも生徒会やってて、元から入る気だったんだ。こういうの好きだし」


「あ、そうなんだぁw私もやってたんだよ♪あ、他の2人も??」


「ううん。他の2人は人数合わせで入れられそうだっただけ」


「へぇ~、人数合わせなんてあるんだ!?」


「らしいよ。今年は大丈夫だったみたいだけどね」






ついでに3人で辞退すれば良かったのに・・・






そんなことを心の中で呟きつつ、やっぱり笑顔で応える。



「今年はやる気あるからね~!!“女のノリ”にちゃんとついてこなきゃダメだよぉ」


「うん、がんばるよ!!」





いや、あのメンバーについてくるなんて無理だから!

ってか、絶対させない☆






やっぱり心の中では悪態をついていた。









学生ブログランキング  人気blogランキング

| | コメント (1) | トラックバック (0)

人物紹介。

人物関係を書かなきゃいけないことに気づいた。


だって、ゆう自身も名字設定ないしね。







人物紹介(随時更新)



笠原 ゆう(かさはら ゆう)
   1988年1月2日生まれ。
   第58期生徒会会長(1年生)
   他、管弦楽部所属。
   小さいことが大きな悩み。
   漫画・・・特に、テニスの王子様が大好き。
  

和田 智裕(わだ ともひろ)
   1988年1月26日生まれ。
   第58期生徒会副会長(1年生)
   他、将棋部所属。
   鉄道が好き。


佐倉 楓(さくら かえで)
   第58期生徒会会計(1年生)
   他、管弦楽部所属。
   ゆうとは、小学校から同じ(親しくなったのは中学2年から)


中根 美和子(なかね みわこ)
   第58期生徒会副会長(1年生)
   他、管弦楽部所属。
   ゆうとは高校で同じクラス。入学式の時に知り合う。


松原 那緒(まつばら なお)
   第58期生徒会書記(1年生)
   他、合唱部、漫画研究部所属。
   ゆうとは高校で同じクラス。たまたまゆうが声をかけたことから友情が芽生えた。


宗方 華奈(むなかた かな)
   第58期生徒会書記(1年生)
   他、合唱部、地学部所属。
   那緒と毎朝一緒に学校に行っている。お母さんタイプ。



加納 利行(かのう としゆき)
   元生徒会兼将棋部の先輩(2年生)
   ゆうにトモくんを紹介した人。

| | トラックバック (0)

きてます!!

最初の出会い、書き始めました(ようやくかよ?)







授業中にww

だって時間ないんだもん♪








ん~・・・今から思うと、結構ガキっすね。
8割は真実で書くけど、2割(=曖昧な記憶)はめっちゃフィクションになっちゃうかもw








でもさ・・・










これって、カテゴリー変えたほうがいいのかな~??って思うこの頃。



↓↓どっちがいいでしょう?↓↓

学生ブログランキング  人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あのねのね。

何だか、筆・・・もとい携帯のボタンが進まないの。


だから、小説がなかなか出来上がらないの。


携帯から打っちゃう人なんでw






っていうか、最初を書くはずが最後から書き始めてしまった不始末!








誰か私を・・・止めて~~~!!(小梅風に)






近々絶対あっぷしますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分達に成績表

ん~・・・歴史を綴るのって難しい!!

なので、ちょっと気分転換ww



「自分たちに成績表」です!!
以前、暇だったのでトモくんにやってもらったやつなんですが♪


これでトモくんのことも、ゆうのこともまるわかり!な学生向け20項目w
因みに【 】内はゆう的考察になります♪







★☆それでは、どうぞ☆★






①体力:「トモ」5「ゆう」3
【お互い体育の成績は芳しくありません。美術に並んで足を引っ張ります】

②精神力:ト8ゆ5
【トモくんはかなり粘るタイプです(ゆうのハートを掴むくらいvv)ゆうはムラっ気あり】

③持久力:ト2ゆ6
【マジな話、トモくんはゆうより遅いかも…】

④食欲:ト7ゆ5
【トモくんは時によりけりだなぁ…スゴい時はゆうがハンバーガー1つ食べる間に4つ食べてる(笑)
まぁ…甘いものは負けないけど!】

⑤リーダーシップ:ト5ゆ9
【会長パワー強し!※ゆうは高校時代生徒会長でした。因みにトモくんは副です※】

⑥個性:ト10ゆ10
【そりゃあキャラ濃いですねぇ…(笑)】

⑦優しさ:ト7ゆ8
【ゆうの行動は全て優しさなんですwでも鈍感故(ぇ?)に凹ませてるみたい】

⑧パソコン:ト9ゆ7
【情報の授業は2人とも10です♪でも、ゆうは基礎レベル↓↓】

⑨服装:ト2ゆ8
【トモくんは青い服ばっか(`ε´)】

⑩恋愛:ト6ゆ9
【トモくんに関してはプロですvv】

⑪写真:ト7ゆ6
【2人共通の趣味。トモくんは一眼持ってるのぉ〜…羨ましい!!】

⑫アニメ:ト3ゆ10
【まさか…オタクって思われてるΣ( ̄口 ̄)】

⑬読書:ト5ゆ8
【推理小説だぁ〜い好きvv】

⑭英語:ト5ゆ5
【トモくんはマーク派、ゆうは記述派。でも2人とも苦手な教科】

⑮現代文:ト8ゆ8
【これは逆。2人とも得意ですw特に論説】

⑯古典:ト4ゆ8
【トモくんはセンター前にガッツリやってましたが…あんまり好きじゃないみたい】

⑰地理:ト9ゆ3
【3もらっていいかなぁ?ゆうは中3のとき、中学校へ行くのに迷いかけましたOTLトモくんは大得意♪】

⑱歴史:ト2ゆ10
【真逆ですね(笑)ゆうは歴史日付マニアなので細かいことまで覚えてますし…
トモくんは江戸幕府の開幕間違えました(-_-;)】

⑲数学:ト6ゆ5
【(自称)文系のゆうとどっこいだから…浪人街道なんです(涙)】

⑳常識:ト8ゆ7
【ゆうはある意味常識知らずです。トモくんは社会情勢詳しいけど、マナーなんかはまだまだだなぁ…】






改めてお互いを知ることができた瞬間でした♪




…って、こんなことさせるから浪人しちゃったんだよ↓↓




↓↓反省しまぁす。°・(>_<)・°。↓↓


学生ブログランキング  人気blogランキング




| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは・・・ww

バイト先の方から(冗談でだけど)デートに誘われちゃいましたww

よく、バイトで死にそうなときに天の助けをくれる子なんですが(チョコをわけてくれる♪)

こんな感じの流れ↓↓



「いっつも貰っちゃって・・・ありがとねぇ~w」

「いえいえ、じゃぁお礼はバレンタインで(笑)」

「ん?でも、バイト中はあげられないぞ><」

「じゃぁ、プライベートでw」



ってかんじ?でも「受験生だからね~」ってはぐらかせたり(笑)

いや~・・・バイト始めたときは、こんなにフレンドリーな感覚になれなかったから





そういった意味で・・・めっちゃうれしい!!!






なんだろ?スタッフってことで勝手に一線引いてたのかもね。

だから、最近慣れてきて境界線もなくなっていって生徒さんたちも親しみをもってくれたのかな?




ん?トモくんはって???









さっき、メールで教えてあげましたよ♪



でも、トモくんも、今は受験生。



バレンタインどこじゃないんだろうなぁ・・・。









あぅ・・・寂しいセンサー作動しちゃうよ><

あ~ん!!












↓↓この前は愚痴りたがりだったし・・・ダメな私↓↓

学生ブログランキング  人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばかー!!

ゆうです。高校の部活のことで色々悩んでます。
(ちょっと古い語り口調)

妹を無理やり引き入れてしまった手前、卒業しきれてません。

んで、またゴタゴタしている模様。










ん~大学生からみたら餓鬼だねw











って変な余裕が生まれちゃったり(笑)

でも、本当に人としての礼儀がなってないとか・・・そんな諍いで。

大学生じゃやってけないんじゃない?なんて思ったり。






まぁ、それで元部員同士語ってたわけよ。mixiでw

んで、トモくんとかともごちゃごちゃ言うわけよ。
(同じ部活・・・ってか生徒会だったからね♪)








なんだかんだ言い合ってると・・・凹むんだよね~。




自分のやってたこと、なんなんだろう?とか

もっといいこと出来たのに・・・とか

しかも、それを言われちゃうともうダメ><






なんせ打たれ弱いので・・・w






そうやって、トモくんに言うんだけどいまいち受け取ってもらえず。

ちょっとイライラしててキレはじめるゆう(だって耳が痛くてたまらんのさ)





とりあえず、トモくんが「落ち着こう」と言うのだけど、それもまたムカムカ。







「落ち着いてるわよ。ただ苛立ってるだけ。あんまり言うと噛み付くわよ?」






なぁんて、きれてみて。

勿論、我侭だって、自分勝手だってわかってるんですけどね。



「起きてから落ち着いて話そう」
ってトモくんが言ってもお構いなし。






「翌日までひきずることでもないでしょ?今ここで断ち切って終わり!はい、めでたしw」





って自己完結。だって一晩中鬱になりたくないもぉん♪

そんで1人でフテ寝ようとしたら、トモくんが一言。







「あまり深く思い込むなよ・・・」









トモくんはたまに良いこと言ってくれます。


いっつも欲しいときに欲しい言葉をくれないけど、

こうやってたまにタイミングが合うとうれしいんだよね。










「ばか・・・」











たった一言で、昨夜の安眠が得られましたw

ゆうも単純だな~・・・って長い惚気でした♪






↓↓たまには惚気てみたいのさ↓↓

学生ブログランキング  人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイム・リミット

ゆうのブログは明らかにモブログ使用率が高いです…(-_-;)

それもそのはず…基本的に我が家は「パソコン1時間/日」という規則が存在するからです!

普通1時間って少なすぎっすよね?

まぁ、流石に学校の課題や生徒会のお仕事は省かれましたが サーフィンする時間がない(>_<)

大学生になったからいいかな〜?と思いきや「使用時間の再交渉」をしなきゃならないとか…(涙)

しかも、2時間勉強してやっと1時間できるって…。。。(〃_ _)σ‖

だから、更新は携帯料金と相談しながらなんです(涙) (携帯料金はゆう払い)(じゃないと携帯チェックされるから)

厳しい世の中ですな…(*´Д`)=з

あ、卒検は無事合格しましたよw

あとは学科試験だ><

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いえいww

みきわめ合格~♪♪


ってことで、明日卒業検定です。早っ!!





正直、不安だなぁ・・・駐車車両いっぱいありそうで嫌だ><

あれに結構阻まれるらしい。

6月から道路交通法変わったんだから早く取り締まってくれないかな?
(一応指定地域になってるとか)




とりあえず、今は頭がいたい。

どうやら風邪?それとも持病の自律神経ですか??

明日までに如何に治すか・・・難問だ↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (1)

さあ、油断せずに行こう

今度こそ!二度目の正直(違っ)で受かってやる><


ってことで、今日はみきわめチャレンジです。
夜か翌日の朝には結果をお知らせできるかと思われます。




あ~怖いよぅ↓↓









ってか、最近気付いた。

ゆうはあたりまえのように語ってたけど、




みなさん、トモくんが何者が知りませんよね??






今まで知らない人のこと語ってたぁorz




ってことで、近々過去バナをアップします!

忘れないようにかいとかないと駄目なんだよねぇ(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »