« あぁ~・・・ | トップページ | 恋愛依存度。 »

4人分

ある日・・・

偶然集った立候補者4人が部室に行くと、先輩から当たり前のように驚愕の事実を告げられた。



「来週までに立候補者の言葉用意してね~」






2.4人分






冷静になれば、ごく常識的な成り行きなのだが、私たち4人は誰ひとりとして『立候補者の言葉』の存在を考えていなかった。



「あぁ~どうしよう!?」


「めっちゃめんどいし!!もぉ…」


「私に文才を求めないでよ!超理系なんだから」



口々に叫ぶ候補者…もとい友人たちに、先輩は「適当でいいからさぁ」と付け足した。





唖然としたまま、私たちは部室近くにある自分たちの教室に入っていった。

ぴしゃりと扉を閉めると堰を切ったように言葉が飛び交いだした。



「本当に要るの…?」


「どーせ、みんな見てくれないだろうにねぇ」


「信任なんだし、実際必要なくない?」


「確かに。先生とかもかなりいい加減だもんね」


「ってことで…ゆう、任せた☆」



先程から「超理系」と自負する佐倉楓…彼女とは小学校からの仲である。
文系仕事は私、理系仕事は楓というのが常だった。

今回、生徒会に誘った時も「私は会計で数字やるから、文章作成はゆうがやってね♪」と条件付きで承諾を得た。
なので、楓の分は元から書く気で心づもりはしてある。


私は二つ返事でOKした。



「あぁ~じゃあ私のも♪」


「ウチのもウチのもw」


「……マジで?」



同じクラスで立候補した中根美和子と松原那緒。

三人でよくつるんでいて、特に美和子とは入学時から「生徒会をやろう」と約束していた。
それに、いつのまにか那緒ともう一人…が加わり、女子校のような生徒会が出来上がろうとしているのだ。



勿論、彼女たちの分を書かなくてはならない…なんてことはない。



しかし、断るのも気が引ける。







“そういえば…文章作成なら任せろ!!って言っちゃったような…”










つい先日の記憶が蘇り、その時の自分を恨んだ。

任せろ!と言った手前、任せられても仕方ない。



「ん~…じゃあ、テーマは指定して」


「テーマ??」


「うん。“私はこういうことやります”ってやつ。いわゆる公約だよ?楓も何かない?」


「ない!」


「あのねぇ…即答かよ(苦笑)ちょっとは考えなさいよぉ!」




三人とも黙って考え始めた。












「………」













「……………」













「思いつかない…」


「てきとーでいいよぉ~w先輩も言ってたしね♪」


「適当ってねぇ~↓↓」











本当に適当にやるしかない。










選挙まで、あと一週間。

私は、言い知れぬ不安を感じていた。






学生ブログランキング  人気blogランキング

|

« あぁ~・・・ | トップページ | 恋愛依存度。 »

コメント

第二話です!
って、トモくんが全然ないorz

でも、初期は「トモとゆう」よりも、生徒会がメインなのでいいかな~wなんて思ったり。
次回はちゃんと登場します!

・・・名前だけだけど(笑)

投稿: ゆう | 2006年7月 4日 (火) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83040/2337883

この記事へのトラックバック一覧です: 4人分:

« あぁ~・・・ | トップページ | 恋愛依存度。 »