« 結果。 | トップページ | もうすぐ。 »

ぼろぼろなのです。

どうして、私たちはこう困難な道を歩まなければならないのだろう。

他の人が普通にやれれることができない。

今までもそうだった。



でも、私たちはそれに耐えた。








たった一度の汚名を返上するため、頑なに約束を守り続けてきた。

それは、いつしか私たちの関係の根底に深くこびりついて離れなくなった。

他の人にどう唆されても、揺らぐことはない。呪縛のように私たちを縛り付けてきた。





でも、それを信じてもらうことはできなかった。






失われた信頼は、何をしても、何年経っても戻ることはなく・・・

ただ、疑いの眼差しを向けられるだけ。








真実と向き合おうとせず、ただただ拒絶の台詞を並べ立てるだけ。

過去を掘り返しては、呪文のように繰り返す。





「どんなに私が傷付いたか―――」






確かに貴女は傷付いただろう。

でも、それを言われ続ける私は、傷付いていないと思っているのだろうか。


それとも、塞がりかけた傷を化膿させ、いつまでも忘れさせない気でいるのだろうか。










「悲劇のヒロインぶるな」と貴女は言った。

貴女の台詞は、私に銃弾を浴びせ、それでいて「痛い!」と擦り切った腕を見せるようなものだ。
















私はもう、あなたに銃口を向けてほしくない。

いつか、撃ち返してしまいそうで怖いから。












お願いだから、そっとしておいて。

傷を抉らないで。

|

« 結果。 | トップページ | もうすぐ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。